Blog2015.10.31-11.1 of 南アルプスガイドクラブ

2015.10.31~11.1 なりきり修行女子ツアー

よければ適当に使ってください写真3.jpg
女子限定企画の第2弾は、日蓮宗の総本山、身延山の奥の院である七面山へ。
その名も「なりきり修行女子ツアー」です!
13名の修行女子と共に、いざ、修行の道へ・・・

1.jpg
出発点は早川町赤沢宿。大正時代の歌人若山牧水の歌碑もある趣ある地域です。

2.jpg
宿場町として江戸時代に栄えた赤沢宿。この建物もその名残です。

3.jpg
明治期に流行り始めたという参詣の印、講中札が今も軒下に並べられています。

4.jpg
地元のガイドさんの案内で、復元された雰囲気の良い石畳の道を進みます。

5.jpg
お茶屋さんとして営業中の「清水屋」さんで一休み。2回から見える斜面がこれから目指す七面山。

6.jpg
登山口手前の羽衣の滝。徳川家康の側室「お万の方」が滝行をしたと伝えられる地。滝行気分で合掌!

7.jpg
羽衣登山口。さあ、ここから標高差1,100m、約4キロの修行の道が始まります!

8.jpg
参道沿いには休み処となるお坊が点在。「神力坊」でお昼ごはん。女将さん特製の漬物と大根の葉の煮付けが絶品!

9.jpg

10.jpg
杉とヒノキが整然と立ち並ぶ静かな参道。1丁ごとの石灯籠が目安です。目指す敬慎院は50丁!

11.jpg
眼下には赤沢宿が。自分の足でこんなに登ってきたんだな~と実感。

12.jpg
歩くこと5時間。46丁目の和光門に到着。荘厳な雰囲気に吸い込まれるようです。

13.jpg
そして敬慎院に!標高1700mの地にこのような立派な本堂が鎮座しています。黄葉も最盛期を迎えていました。

14.jpg
夕食はみんなで並んで精進料理を。質素ながら温かいご飯とお味噌汁がなんとも美味しい!

15.jpg
寒い本堂でのお勤めに備えて皆で丹前スタイルに。温泉に来たのではありませんよ。

16.jpg
お勤めを終えて部屋に戻ると名物のロール布団!皆でながーい1枚のお布団に寝る、そんな経験ここだけです^^

17.jpg
翌朝5時。七面山は身延山久遠寺の霊山。この日も多くの信者さんがお経を唱えながら神聖な光を待ちわびていました。

18.jpg
待つこと30分。。。雲の隙間からではありましたが、こんなに厳かな富士山とご来光を見ることができました!

19.jpg
朝食後、下山の途に。本堂裏手の一の池は、身延山を守る七面大明神が竜の姿になって現れたと伝えられる神聖な場所です。

20.jpg
影嚮石(ようごうせき)が祀られる奥の院では、石の周りを7度回るとご利益があるとのこと。もちろん回る、修行女子!

21.jpg
七面山の開祖日朗上人お手植えと伝えられる安住坊の大栃の木。樹齢700年⁉すごいパワースポット!

22.jpg
約4時間を下りきり、最後の神通坊の鳥居にて。無事に修行を終えた皆さんの清々しい笑顔が眩しいほど!

23.jpg
最後まで頑張って歩いた皆さんへのご褒美に、早川町の菓子工房ヤマセミさんのシフォンケーキをプレゼント♪

人気の女性限定企画の第二弾、いかがたっだでしょうか?
登山初心者の方からベテランさんまで様々でしたが、そこは女性ならでは!
すぐに打ち解けあい、一体感のある良いペースで歩けた2日間でした。
次回の女子限定企画もどうぞお楽しみに!(ガイド:堀内)